...

ホーム > 内村慎太郎 > No.008031 金海猫描手ぐい呑
...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
...
小さい画像をクリックすると、拡大表示します。
拡大された画像をさらにクリックすると、全体画像としてご覧いただけます。
内村慎太郎 作品一覧
... No.008036
井戸盃
24000
... No.008035
青井戸盃
23000
... No.008034
井戸盃
24000
... No.008032
斗々屋盃
22000
... No.008031
金海猫描手ぐい呑
22000
... No.008030
玄悦盃
22000
... No.008029
玉子手ぐい呑
20000
... No.008026
奥高麗たちぐい呑
23000
... No.008025
奥高麗灰被ぐい呑
24000
... No.008024
斑唐津たちぐい呑
22000
... No.008023
奥高麗ぐい呑
25000
... No.008022
粉引灰被盃
22000
... No.008021
三嶋ぐい呑
21,000
... No.008020
三嶋六角徳利
29000
... No.008019
唐津徳利
29000
... No.008018
朝鮮唐津たちぐい呑
21,000
... No.008017
蛇蝎唐津徳利
27,000
... No.008016
堅手ぐい呑
20,000
... No.008015
奥高麗たちぐい呑
23,000
... No.008014
青井戸徳利
30,000
... No.008013
呉器盃
20,000
... No.008012
御所丸ぐい呑
21,000
... No.008011
山瀬斑たちぐい呑
21,000
... No.008009
伊羅保盃
20,000
... No.008008
山瀬たちぐい呑
20,000
... No.008006
金海徳利
27,000
... No.008005
山瀬ぐい呑
19,000
... No.008004
山瀬盃
19,000



売約済 Sold out

... No.008033
割高台ぐい呑
... No.008028
井戸盃
... No.008027
古井戸盃
... No.008010
熊川ぐい呑
... No.008007
玉子手ぐい呑
... No.008003
粉引片口
... No.008002
茂三盃
... No.008001
粉引ぐい呑
... No.T30118
熊川ぐい呑
... No.T30116
古井戸盃
... No.T30113
古井戸盃
... No.T30112
玉子手ぐい呑
... No.T30109
奥高麗たちぐい呑
... No.T30108
御本徳利
... No.T30107
割高台盃
... No.T30105
斑唐津徳利
... No.T30104
井戸盃
... No.T30103
古井戸盃
... No.T30099
朝鮮唐津盃
... No.T30097
御本三嶋盃
... No.T30096
金海盃
... No.T30094
井戸盃
... No.T30093
山瀬斑たちぐい呑
... No.T30092
利休斗々屋盃
... No.T30087
熊川ぐい呑
... No.T30086
熊川片口
... No.T30085
三嶋盃
... No.T30084
御所丸ぐい呑
... No.T30083
玉子手ぐい呑
... No.T30082
熊川片口
... No.T30080
粉引徳利
... No.T30078
奥高麗たちぐい呑
... No.T30077
御所丸黒刷毛目ぐい呑
... No.T30076
奥高麗ぐい呑
... No.T30075
奥高麗片口
... No.T30074
井戸盃
... No.T30073
古井戸盃
... No.T30072
井戸徳利
... No.T30070
三嶋六角徳利
... No.T30069
奥高麗ぐい呑
... No.T30067
山瀬たちぐい呑
... No.T30066
奥高麗徳利
... No.T30064
三嶋片口
... No.T30063
井戸盃
... No.T30062
井戸徳利
... No.T30061
井戸盃
... No.T30060
斑唐津盃
... No.T30059
古井戸盃
... No.T30058
熊川ぐい呑
... No.T30057
御所丸黒刷毛目ぐい呑
... No.T30056
粉引盃
... No.T30055
御本三嶋盃
... No.T30054
絵唐津ぐい呑
... No.T30053
奥高麗盃
... No.T30052
呉器盃
... No.T30051
御本ぐい呑
... No.T30050
利休斗々屋盃
... No.T30049
熊川ぐい呑
... No.T30048
青井戸盃
... No.T30047
古井戸盃
... No.T30045
粉引徳利
... No.T30044
古井戸盃
... No.T30043
井戸盃
... No.T30041
奥高麗たちぐい呑
... No.T30039
黒高麗窯変ぐい呑
... No.T30038
斑唐津徳利
... No.T30037
熊川ぐい呑
... No.T30036
井戸盃
... No.T30035
朝鮮唐津盃
... No.T30034
三島盃
... No.T30032
絵唐津徳利
... No.T30028
古井戸盃
... No.T30025
玉子手ぐい呑
... No.T30024
玉子手徳利
... No.T30023
山瀬たちぐい呑
... No.T30022
柿のへた盃
... No.T30021
鶏龍山ぐい呑
... No.T30019
割高台盃
... No.T30018
三島六角徳利
... No.T30015
粉引灰被徳利
... No.T30014
井戸盃
... No.T30012
呉器盃
... No.T30011
古井戸盃
... No.T30010
斑唐津ぐい呑
... No.T30008
御所丸ぐい呑
... No.T30007
黒高麗窯変ぐい呑
... No.T30006
黒高麗六角徳利
... No.T30004
金海洲浜盃
... No.T30002
割高台盃
... No.T30001
井戸盃
... No.T10099
古井戸茶碗
... No.T10095
古井戸盃
... No.T10094
斑唐津たちぐい呑
... No.T10093
鶏龍山ぐい呑
... No.T10092
蛇蝎唐津天目盃
... No.T10090
井戸盃
... No.T10089
山瀬輪花盃
... No.T10088
斑唐津徳利
... No.T10087
絵唐津徳利
... No.T10086
奥高麗ぐい呑
... No.T10084
唐津ぐい呑
... No.T10085
井戸盃
... No.T10083
御本三嶋盃
... No.T10082
鶏龍山ぐい呑
... No.T10081
鶏龍山徳利
... No.T10079
堅手盃
... No.T10078
利休斗々屋盃
... No.T10077
三嶋盃
... No.T10076
呉器盃
... No.T10073
斑唐津徳利
... No.T10072
井戸盃
... No.T10071
奥高麗たちぐい呑
... No.T10070
古井戸盃
... No.T10069
高麗青磁盃
... No.T10066
斗々屋盃
... No.T10065
青斗々屋徳利
... No.T10064
古井戸盃
... No.T10063
堅手盃
... No.T10061
金海洲浜盃
... No.T10060
茂三盃
... No.T10059
山瀬ぐい呑
... No.T10057
井戸茶碗
... No.T10055
青斗々屋徳利
... No.T10054
井戸盃
... No.T10053
御本三島盃
... No.T10052
斗々屋盃
... No.T10050
井戸盃
... No.T10049
井戸徳利
... No.T10048
御本呉器盃
... No.T10047
割高台盃
... No.T10045
絵唐津徳利
... No.T10043
朝鮮唐津盃
... No.T10038
斑唐津盃
... No.T10037
古井戸盃
... No.T10033
鶏龍山徳利
... No.T10031
皮鯨盃
... No.T10030
割高台盃
... No.T10029
玉子手ぐい呑
... No.T10028
井戸茶碗
... No.T10026
絵唐津たちぐい呑
... No.T10025
井戸盃
... No.T10017
三嶋盃
... No.T10016
山瀬ぐい呑
... No.T10015
奥高麗徳利
... No.T10014
山瀬たちぐい呑
... No.T10013
玉子手山盃
... No.T10009
粉引盃
... No.T10008
山瀬古井戸盃
... No.T10006
奥高麗ぐい呑
... No.T10005
井戸盃
... No.T10004
井戸徳利
... No.T10003
柿のへた盃
... No.T10002
古井戸盃
... No.T10001
井戸片口

内村慎太郎 陶歴

佐賀県唐津市に隣接する福岡県糸島市で作陶される作家さんです。
心憎いツボを押さえた作陶は人気の所以である。

1975年
鹿児島県霧島山麓粟野町(現湧水町)に生まれる
1995年
国立鹿児島工業高等専門学校卒業後、橋梁設計の仕事を始めるが
古陶に心惹かれやきものの道へ入る
2002年
唐津焼工房・雷山房として独立
2008年
工房を移し、山居窯開窯